ポスティングの効果は絶大|コスト削減にも繋がる

カラーチャート
トラック

移動する広告媒体

屋外広告は視覚的にも印象に残りやすい広告媒体ですが、場所が固定されて移動できないところが弱点です。トラックの荷台に広告シートを設置するアドトラックは、街中を移動できる点で絶大なプロモーション効果を発揮します。アドトラックを利用する際には、宣伝効果の高い走行ルートや時間帯を指定することもできます。

看板

汎用性の高さにも注目

立て看板は運搬が容易なうえに汎用性の高さがあり、データ広告とは異なるメリットが豊富です。購入前には設置場所や用途の計画が重要であり、さまざまなタイプがあるので目的に合わせて選定できます。定期的な内容更新や時間帯別の活用計画もポイントです。

特定エリアに配布できます

広告

質感を追求できます

ネットやメール配信による宣伝ではなく、お客様に直接チラシが届くポスティングは、大量の情報社会の中に埋もれることなく、相手に印象に残す効果が生まれます。ポスティングは、不特定多数に配布する新聞折り込みと比較されることが多い販促策です。新聞折り込みは新聞を定期購読している家庭にしか届きません。その家族の目に触れる機会はありますが、もっと具体的に絞り込んだエリアの家庭に効果的に配布するにはポスティングは有効です。地図により配布エリアを選定できるので、企業の考える商圏が想定できるメリットがあります。都心部に限らず、全国の幅広い地域でポスティングが行うことができます。そのため、企業が独自に行う場合と比べてコストを軽減することができます。また、少ない枚数から注文も可能で、部数が増えるにつれてコストが掛かります。ポスティング効果は配布部数だけでなく、チラシの完成度によっても異なっていきます。用紙の厚さや光沢の程度により上質感を出したり、低コストで配布部数を多くする方法もあります。用紙サイズや彩りもカラーにするか、両面印刷か片面印刷かを選択できます。必要に応じて上手に選定すれば低価格にする方法に繋がります。配布を完了するには場所により一日から三日ほど掛かる場合もあり、配布完了後、報告書を送付してもらうことができます。上手にポスティングを利用して、その効果を最大限引き出せるようにしましょう。印刷と配布を同時に依頼することができるので、校正ができたら業者へ相談するとよいです。

男性

ブランドイメージの刷新

新規に商品を開発するのではなく、既存のブランドや商品をパッケージの刷新や付加価値をつけることで、新たなイメージを作れることがあります。この戦略はリブランディングと呼ばれ、長期的に安定して経営を支えてきた商品が、これからも続いていくためにも必要かつ有効と言われています。