ポスティングの効果は絶大|コスト削減にも繋がる

男性
  1. ホーム
  2. ブランドイメージの刷新

ブランドイメージの刷新

男性

商品は同じでも新たな価値

パッケージデザインや商品コンセプトの成功は、企業イメージに直結するものであり、売上や営業利益に結び付いています。一度は世間に浸透しながらも、年がたつにつれてターゲット層が変化したり、更なる年齢層に商品を知ってもらう経営戦略を行う企業もあるでしょう。また、販売実績が芳しくなく、新たなブランド戦略を構築しなくてはならない場合もあります。そこで有効的な手段などがリブランディングといわれる戦略です。リブランディングとは、すでに既存しているブランドイメージを刷新し、もっと魅力的に商品アピールをし、新たな販売層の構築や、企業ブランドイメージを変える経営戦略です。インターネットが普及している現在の世の中では、広告にネットを使う企業もたくさんあります。しかしリブランディングでも最も効果が高いと言われているのは、商品パッケージの刷新や新規のロゴなどです。例えば昔から親しまれているお菓子の商品では、一定の客層には安定して人気が高いものの、若い層には商品が伝わりにくいという点があります。そこで今までのパッケージデザインを継承しつつ、現代風にアレンジすることで、今までの客層から若い客層にまでファンを拡大することが出来るのです。また、従来の企業イメージに「おしゃれ」といった新たな価値をつけることで、商品は同じなのに販売層が拡大する可能性もあります。リブランディングのメリットは、既存の商品を使用しているために、商品開発のコストはかからないということにあります。商品開発のコストはかからないのに、リブランディングに成功することで、会社の資産価値を上げることも可能です。長期的に安心して経営を支えてきた商品を、これからも長きに渡って経営の中心と捉えるためには、効果的なリブランディングが必要なのです。