ポスティングの効果は絶大|コスト削減にも繋がる

男性
  1. ホーム
  2. 移動する広告媒体

移動する広告媒体

トラック

走行ルートも指定可能

最近ではインターネットを利用した広告が脚光を浴びていますが、既存メディアを使った広告や屋外広告も依然として重要な役割を果たしています。こうしたオフライン広告の中でも比較的新しい手法として注目を集めているのが、トラックの荷台側面を活用したアドトラックです。電車の中吊り広告や鉄道車両・バスなどの車体に広告を掲載する方法など、車両広告の手法は従来から存在していました。アドトラックは宣伝活動を目的として走行させる点でそうした車両広告と異なっており、移動する広告媒体に特化しているためさまざまな工夫が凝らされています。既存メディアを使った広告やインターネット広告はサイズがそれほど大きくないためビジュアル効果も限定的ですが、大きな広告面が使える屋外広告は印象度も大きいものです。アドトラックはそうした屋外広告の有利性を最大限に発揮しつつ、街中を移動することでより多くの人の目に触れるようになります。特に人口の多い都市部ほどアドトラックを使った宣伝効果が高く、ライブやイベント等のプロモーション目的でも多く利用されているのです。従来の車体広告はボディそのものにペイントされるため、簡単には広告面を入れ替えることができませんでした。アドトラックは特殊印刷された大型FFシートやターポリンの広告面を設置する方式とあって、入れ替えも容易なため低コストで利用できます。広告面の裏側には照明装置があって夜間は広告がよく目立ち、大型スピーカーとの音声連動でさらにインパクトの強い宣伝効果が得られます。広告対象に合わせて走行ルートや時間帯を指定することもできるアドトラックは、他の広告媒体と比べても費用対効果の高い宣伝手法なのです。以上のような理由から企業やイベントを主催する団体では、アドトラックを利用するケースが増えています。特に若い世代の人が多く集まるような街では、アドトラックが絶大な宣伝効果を発揮しているのです。